リチウムイオンキャパシタ・リチウムイオン電池用「タブリード」を開発

2022年4月25日

双葉電子工業株式会社
代表取締役社長 有馬 資明

当社は、新たにリチウムイオンキャパシタ(LiC)・リチウムイオン電池(LiB)用「タブリード」を開発いたしました。

タブリードは、ラミネート型LiC・LiBの内部から電気を取り出すための端子です。世界各国においてカーボンニュートラルの実現に向け、再生可能エネルギーの利用やEVへのシフトが加速するなか、LiC・LiBの市場拡大に合わせてタブリードの需要が急拡大しています。
これまで当社は、車載向けデバイスとしてタッチセンサーや有機ELディスプレイおよびLiC・LiB向けのラミネートフィルム成形加工や金型用器材を多くのお客さまに供給してまいりました。そこで培った技術を応用することで、長寿命かつ高い信頼性を有するタブリードの開発を実現しました。なお、2022年4月より量産を開始します。

高容量・高出力化と高い安全性が求められるLiC・LiB市場の要望に応えるため、今後も開発を進めると共に標準ラインナップの拡充に努め、お客さまの製品開発およびSDGsの目標実現に向けて取り組んでまいります。

※SDGs目標7:すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能で近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

特長

① 当社独自のリード被膜処理およびシール材料により長寿命と高い信頼性を実現

  • 耐電解液性:672hでシール密着強度 8N/cm以上
  • 封止性:リードバリ・シール空隙なし
  • シール絶縁性:2種3層シール(密着層/耐熱層/密着層)で絶縁層と密着性を両立

② 特殊形状対応

  • L字形状、穴あき、リード厚型、L字などの特殊形状に対応

③ 品質保証

  • 二次元コードを印字し、品質解析ソフトによるトレーサビリティ管理を実施

仕様

  材質 被膜 t(mm) W(mm) L(mm)
正極 AL
A1050-H24
非クロム系
表面処理
0.2~0.5 15~70 30~100
負極 Ni-Cu
C1020-1/2 H
非クロム系
表面処理
0.2~0.5 15~70 30~100
シール 構成:PP/耐熱PP/PP 0.15 5~20 リード幅
片側 +2~5

特性

試験項目 試験方法 特性
耐電解液性 水分1,000ppm添加
85℃-672h
シール/リード間密着強度
≧8N/cm
高温放置 90℃-2400h(100日) シール/リード間密着強度
≧15N/cm
熱衝撃 -40℃(15min)~70℃(15min)
×800cycle
シール/リード間密着強度
≧15N/cm

お問い合わせ・資料請求

各製品に関するお問い合わせ、および資料請求をフォームにて受け付けています。 
尚、当社の個人情報の取扱いについての基本的な保護方針については、「プライバシーポリシー」をご覧ください。

製品に関するお問合せ先

〒101-0023 東京都千代田区神田松永町19
秋葉原ビルディング5階

エレクトロニックコンポーネンツ事業センター 営業部

TEL 03-4316-4811
メールアドレス ftbele@futaba.co.jp

本件に関するお問合せ先

〒297-8588 千葉県茂原市大芝629

双葉電子工業株式会社

総務法務部長 徳元 秀行

TEL 0475-26-0106
FAX 0475-23-1346