ホーム > 産業用ラジコン > オプション品 > FAA-01 > 特長・説明

製品特長

FAA-01の7大特長

  1. 偏波ダイバシティ方式により1個のアンテナでマルチパスに強いダイバシティ受信が可能
  2. ダイバシティ効果により通信品質の向上が可能
  3. 機器取り付けや組込に適した小型で薄型サイズ
    (57.5×57.5×14.7mm)
  4. 背面の影響を受けにくい構造のため、金属の壁などに直接取り付け可能
  5. 屋外設置にも耐えうる防滴構造(JIS D0203 S1)
  6. アンテナだけを盤外設置できるように1mのケーブル付き
  7. FAA-02を姉妹品として用意

ページトップへ

製品説明

 FAA-01は当社2.4GHz帯SS無線機の通信能力を最大限に引き出すことを目的に開発されたダイバシティ平面アンテナです。マルチパス対策として偏波ダイバシティ方式を採用することより、1個のFAA-01でアンテナ2個分の偏波ダイバシティ効果が期待できます。無線機本体を盤内設置してもアンテナだけを設置環境の良い盤外へ引き出せるように1mのケーブル付きです。また、姉妹品に偏波ダイバシティ方式を採用していないFAA-02も用意しており、マルチパスフェージング対策としてFAA-01の偏波ダイバシティ方式と無線機1台にFAA-02を2個搭載するアンテナダイバシティ方式から選択することが可能です。

 小型・薄型サイズであり、指向性を持った平面タイプであるため、FA工場の金属壁面への直付け設置も可能です。また屋外設置も考慮した防滴構造です。(注1)

 (注1)・・・防滴構造のため、屋外での使用は可能ですが、水滴等が付着すると電気的特性が劣化する恐れがあるため、保護ケースを使用することを推奨致します。

ページトップへ

製品画像

ダイバシティ平面アンテナFAA-01

ダイバシティ平面アンテナFAA-01

平面アンテナFAA-02

平面アンテナFAA-02