ホーム > 金型用部品 > 搬送装置(省力機器) > ライン構成図

ライン構成図

簡単に自動化ライン

用途説明

簡単に自動化ライン

■コイル材加工ラインの自動化
オートリールによるコイル材の繰出しと、エアフィーダによる正確な材料送りをプレス機に追加するだけで、簡単にコストパフォーマンスの優れた自動化ラインを構築します。

■コイル・ツー・コイル
さらに巻き取り装置として、オートリールを追加することでコイル・ツー・コイルを実現し、多工程にわたる複雑な製品の高効率加工を推進できます。

■省力化、安全性向上
加工ラインの自動化により、多台数持ちによる省力化と作業の安全向上をすることができます。

キズ付き易い・薄い・異形状な材料に適したライン

用途説明

キズ付き易い・薄い・異形状な材料に適したライン

■キズ付き易い薄板材料の送り
繰出し、巻き取り用オートリールとテンションリールの組み合わせで、層間紙を巻き込んだ薄板材料の送りをすることで、材料のキズ付きを防止します。

■二次加工品(異形状)の送り
送り装置クランプ部に逃げ溝を加工することで二次加工品や異形状材料の送りに対応します。

■NCグリップフィーダでの送り
NCグリップフィーダは面クランプなので、単位面積あたりに加わる圧力が小さいため、材料の変形・キズつきが少なく、材料にやさしい送りを可能にします。

段取り時間短縮ライン

用途説明

段取り時間短縮ライン

■連続稼動が可能
コイル外径の大型化による連続稼動時間の延長を可能にします。

■コイル材の巻きぐせ矯正
双頭リールスタンドとユニットレベラを組み合わせてコイル材の繰出しと矯正をします。また、リールスタンドとユニットレベラの機能を省スペースにした、クレードルも有効です。

■段取り時間短縮
クレードルによるコイル材の装着が短時間で可能です。双頭式のリールスタンドとオートリールを繰出し・巻取りに使用した外段取りによる効率向上が可能です。

■NCロールフィーダでの送り
NCロールフィーダは、送り条件をデジタル設定にて簡単に行なうことができ、また設定を型番管理機能で記憶を可能にしているため、ライン変更時も簡単に早く設定できます

自動機向けライン

用途説明

自動機向けライン

■二次加工品(異形状)の送り
送り装置クランプ部に逃げ溝を加工することで、二次加工品や異形状材料の送りに対応します。

■成形品の形状に対応
巻取り用オートリールとテンションリールの組合せで、層間紙を巻き込むことで成形品の巻取りが可能です。

■集中制御に対応
自動機向けエアフィーダAFAは、主装置のコントローラからリモート運転が可能です。また、AFAコントローラ1台で複数台のAFA制御が可能です。