ホーム > 産業用ラジコン > 中距離無線モデム > 無線イーサネットブリッジFDL-02(販売終了品) > 特長・説明

製品特長

FDL-02の8大特長

  1. 当社独自のSS方式のため、高度な耐ノイズ性能とセキュリティ性能を確保
  2. ETHERNET端末間のワイヤレス化が容易に可能
  3. 無線周波数チャネルが89チャネルと豊富であり、無線LANシステムとの共存性に優れた無線周波数「おまかせグループ」機能を搭載
  4. 当社2.4GHz帯SS無線モデムFDL-01を内蔵しているため、ワイドエリアの無線通信が可能
  5. ACアダプタ・DC電源・POE(Power Over Ethernet)の3方式の電源に対応
  6. 最大2段のリピータ機能により、無線エリアの拡大が容易(ブリッジモード)
  7. ローミング機能により、ETHERNETがあればシームレスな接続が可能
  8. 当社2.4GHz帯SS無線モデムFDL-01をETHERNET端末として接続可能

主な用途

  • 射出成形機、装着機など各種機器の生産進捗管理
  • 回転体、移動体など配線が困難な機器との無線通信
  • レイアウトフリーが求められる生産設備の省配線化
  • IEEE802.11b無線LANと共存性が求められる無線システム

ページトップへ

製品説明

 FDL-02はETHERNET端末同士の通信を無線化することができる2.4GHz帯SS無線ETHERNETブリッジです。89チャネルと豊富な周波数チャネルから選択可能であり、無線周波数チャネルの 「おまかせグループ」機能を搭載しています。この機能は設置場所の電波環境に応じて、任意の周波数チャネル複数をグループ化し、その中で通信状況が良い周波数チャネルを無線機自身が判断・選択して通信を行う機能です。これにより、無線LAN等の他の2.4GHz帯無線システムが利用されている環境においても制御データやセンサデータなどを安定的に無線通信させることが可能です。

 使い勝手を考慮し、ブリッジモードならIPアドレス・サブネットマスク・無線周波数を設定するだけで直ぐに使えるようにいたしました。各種のパラメータはWebブラウザから簡単に設定することが可能です。

 通信距離は屋外見通し250m、屋内50mと安定した通信が可能であり、通信エリアを拡張する方法として、2段リピータまたはローミングのいずれかが選択可能です。これにより、ネットワークの配線が難しい広いエリアや離れた建物間でもシームレスに通信可能です。またマルチパスフェージング対策に受信時だけではなく送信時にもアンテナを切り換える送受信ダイバシティ機能を搭載しております。

 電源はACアダプタ・DC電源・POE(Power Over Ethernet)の3方式に対応しておりますので、設置場所の配線を選びません。POEはIEEE802.3af(受電)に対応していますので、IEEE802.3af(給電)対応のHUBなどが利用できます。電波は当社独自無線方式を採用しており、MACアドレスフィルタリング機能などと組み合わせていただくことで、強固なものとなっています。

ページトップへ

製品画像

2.4GHz帯SS無線ETHERNETブリッジ