ホーム > 金型用部品 > 金型内計測システム > 射出成形監視システム > 概要

計測波形

「見える化」を1台のPCに統合

型内圧力、型内樹脂温度、金型表面温度、さらに他社の計測機器情報や、射出成形機の情報を取込み、時間軸を同期して表示することができますので、より高度な分析に役立てていただけます。

【MVS08計測ソフトウェア画面】

MVS08計測ソフトウェア

専用計測ソフトで簡単に時間軸を同期して表示可能!!

各波形には重ね描きとアラーム監視枠の設定が可能!!

特長

最大24点の同時計測

MVS08を3台連結することにより「型内圧力」、「型内樹脂温度」、「金型表面温度」、その他の情報を最大24点までリアルタイムで計測することができます。多数個取り金型の各キャビティに各種センサを設置する場合等、多点計測にお悩みのケースにも対応することが可能です。

量産で活躍するスタンドアロン機能

PCを接続しない単独の状態でも監視、アラーム出力、計測データの記録が可能です。内部に保存しておいた10件の計測条件から選択することができますので、計測条件の変更にPCを接続する必要がなくなります。また、本体にUSBメモリを接続しておくことにより全データが自動で保存されますので、従来のようにデータ保存用のPCがなくても長期間の連続記録が可能となります。

特徴

お問い合わせ