ホーム > 産業用ラジコン > オプション品 > FAC01EJ010 > 特長・説明

製品特長

FAC01EJ010の8大特長

  1. 高速な16ビットCPUを搭載し、機能をメモリレジスタで設定可能
  2. FRH-SD04TをRS-485ラインにマルチドロップ接続したときに、有線ライン上でのデータ衝突防止機能を実現
  3. 送信完了からハイインピーダンス状態になるまでの時間は100μsec以内
  4. RS-232CラインとRS-485ラインのボーレートを個々に選択可能
  5. RS-232CラインおよびRS-485ラインともに調歩同期方式で最大38.4kbpsのボーレートに対応
  6. ターミネータ用の抵抗を内蔵しているため、端子をショートするだけで使用可能
  7. DC5~31VとAC100Vの各種電源に対応
  8. EIAのRS485規格に準拠

ページトップへ

製品説明

 FAC01EJ010は当社の2.4GHz帯SS無線モデムFRH-SD04T専用に開発されたRS-232C/485インテリジェントコンバータです。シリアル通信のインターフェースとしてRS-232Cはきわめて広く採用されていますが、通信距離が短いという問題があり、長距離を必要とする分野やマルチドロップを必要とする分野ではRS485が使用されています。

 FRH-SD04TはRS485インターフェースを搭載した2.4GHz帯SS無線モデムであり、FA工場で稼動するAGV(無人搬送台車)、AGF(無人フォークリフト)などの移動体にRS-232CインターフェースのFRH-SD03Tを搭載した場合、上位の基地局側には複数台のFRH-SD04TをRS485マルチドロップ接続することで広範囲をカバーすることが可能です。FRH-SD04TとFAC01EJ010を併用することで、複数台のFRH-SD04Tをマルチドロップ接続した場合に発生するRS485ライン上でのデータの衝突を防止する機能(衝突防止機能)を搭載しております。

 RS-232CラインおよびRS485ラインともに調歩同期方式で最大38.4kbpsのボーレートに対応しており、またRS-232CラインとRS485ラインを個別に設定することも可能です。

 AC100V(専用ACアダプタ)とDC5~31Vと各種電源に対応しております。

ページトップへ

製品画像

FAC01EJ010