ホーム > 産業用ラジコン > 中距離無線モデム > 無線アクセスポイントFRH08TJ(販売終了予定品) > ダウンロード

FRH08TJ/FDL-08 ファームウェア

こちらで公開しております最新のファームウェアデータを該当製品にインストールし、ファームウェアを更新することにより、 様々な機能の追加や、問題点の修正を行うことができます。以下の注意をよくお読みになってファームウェア更新を行ってください。

ファームウェア更新を行う際の注意!

  • ファームウェアの更新を失敗した場合は製品が動作しなくなります。その場合は弊社にて修理が必要になります。
  • ファームウェアの更新はお客様ご自身の責任の元で行ってください。
  • ファームウェアの更新方法は、取扱説明書をご覧ください。
  • ファームウェアの更新中は絶対に製品の電源を落としたり、LANケーブルを外さないでください。ファームウェアの更新を失敗し、製品が起動できなくなる場合があります。
  • ファームウェアの更新中は、他の有線/無線ネットワーク通信を行わないでください。
  • 無線経由でのファームウェアの更新は正常に更新できない場合がありますので、有線LAN接続されているパソコンからファームウェアの更新を行ってください。
  • ファームウェアは各製品専用になっていますので、かならず該当型式のファームウェアを使用してください。異なる製品のファームウェアをインストールすると製品が動作できなくなりますので、ご注意ください。誤った製品にファームウェアをインストールした場合のトラブルについては、弊社ではサポートいたしかねます。
  • ファームウェアの著作権は、双葉電子工業株式会社に帰属します。

ページトップへ

FRH08TJ020

FRH08TJ020用ファームウェア

公開日 2010/5/6
製品型式 FRH08TJ020
バージョン Ver2.37
ファイル espt237.lzh(339.2KB)
備考

FRH08TJ020専用のファームウェアです。
ファームウェアの更新の際に、設定したIPアドレス等のパラメータが初期化される場合があります。各Verからのバージョンアップでは、 以下のように初期化されるのでご注意ください。

●Ver2.24以前からの更新
・ 本体IPアドレスを含め全てのパラメータが初期化されます。

●Ver2.25~Ver2.33からの更新
・ 本体IPアドレス、サブネット、ゲートウェイアドレス等のFRH08基本パラメータは変更されません。
・ 上記以外のパラメータは初期化されます。

●Ver2.34~Ver2.36からの更新
・全てのパラメータは、初期化されません。

更新の前には、必ず設定内容をメモしておいてください。

ページトップへ

FRH08TJ020用ファームウェア更新履歴

Ver2.37 ・起動時に特定のタイミングで電源オフすると、設定値が初期化される不具合を修正。
Ver2.36 ・無線モデムの誤送信不具合対策を追加。
Ver2.35 ・モード1/3/4/7/8/9/10のログ機能追加。
・モード12(モデム透過モード)追加。
・モード12に、TCP Keep Alive機能追加。
・モード7のインフラストラクチャーモードにおいて、無線LAN経由でのファームウェアの更新ができない不具合を修正。
・端末設定パラメータ初期化の不具合を修正。
Ver2.31 ・無線端末の「TCPクライアントモード」における不具合修正
・ARP不具合を修正
Ver2.30 ・ローミングレスポンスに「ノーマルレスポンス」と「クイックレスポンス」モードを切替え可能にする機能追加
Ver2.28 ・「ローミングレスポンス」機能追加
・Webページ文章修正
・管理者名/パスワード設定後、Webでログインできない場合がある問題の修正
・端末設定初期化で、端末以外のパラメータも初期化される問題を修正
・WEP未使用時にもWEPキーに設定したキーが一致していれば、WEP暗号化されたデータを受信する問題を修正
Ver2.23 ・初版リリース

ページトップへ

FRH08TB020

FRH08TB020(英語版)用ファームウェア

公開日 2010/5/6
製品型式 FRH08TB020
バージョン Ver2.37e
ファイル espt237e.lzh(337.6KB)
備考

FRH08TB020専用のファームウェアです。
ファームウェアの更新の際に、設定したIPアドレス等のパラメータが初期化される場合があります。各Verからのバージョンアップでは、 以下のように初期化されるのでご注意ください。

●Ver2.24e以前からの更新
・ 本体IPアドレスを含め全てのパラメータが初期化されます。

●Ver2.25e~Ver2.33eからの更新
・ 本体IPアドレス、サブネット、ゲートウェイアドレス等のFRH08基本パラメータは変更されません。
・ 上記以外のパラメータは初期化されます。

●Ver2.34e~Ver2.36eからの更新
・全てのパラメータは、初期化されません。

更新の前には、必ず設定内容をメモしておいてください。

ページトップへ

FRH08TB020用ファームウェア更新履歴

Ver2.37e ・起動時に特定のタイミングで電源オフすると、設定値が初期化される不具合を修正。
Ver2.36e ・無線モデムの誤送信不具合対策を追加。
Ver2.35e ・モード1/3/4/7/8/9/10のログ機能追加。
・モード12(モデム透過モード)追加。
・モード12に、TCP Keep Alive機能追加。
・モード7のインフラストラクチャーモードにおいて、無線LAN経由でのファームウェアの更新ができない不具合を修正。
・端末設定パラメータ初期化の不具合を修正。
Ver2.31e ・無線端末の「TCPクライアントモード」における不具合修正
・ARP不具合を修正
Ver2.30e ・「ローミングレスポンス」機能追加
・ローミングレスポンスに「ノーマルレスポンス」と「クイックレスポンス」モードを切替え可能にする機能追加
・Webページ文章修正
・管理者名/パスワード設定後、Webでログインできない場合がある問題の修正
・端末設定初期化で、端末以外のパラメータも初期化される問題を修正
・WEP未使用時にもWEPキーに設定したキーが一致していれば、WEP暗号化されたデータを受信する問題を修正
・定期回収の機能追加、及び問題修正
Ver2.18e ・初版リリース

ページトップへ

FDL08TJ010

FDL08TJ010用ファームウェア

公開日 2010/5/6
製品型式 FDL08TJ010
バージョン Ver1.04
ファイル fdl104.lzh(328.6KB)
備考

FDL08TJ010専用のファームウェアです。
更新の前には、必ず設定内容をメモしておいてください。

ページトップへ

FDL08TJ010用ファームウェア更新履歴

Ver1.04 ・起動時に特定のタイミングで電源オフすると、設定値が初期化される不具合を修正。
Ver1.02 ・無線端末の「TCPクライアントモード」における不具合修正
・ARP不具合を修正
Ver1.01 ・初版リリース

ページトップへ

FDL08TJ020

FDL08TJ020用ファームウェア

公開日 2010/5/6
製品型式 FDL08TJ020
バージョン Ver1.04
ファイル fdl104.lzh(328.6KB)
備考

FDL08TJ020専用のファームウェアです。
更新の前には、必ず設定内容をメモしておいてください。

ページトップへ

FDL08TJ020用ファームウェア更新履歴

Ver1.04 ・起動時に特定のタイミングで電源オフすると、設定値が初期化される不具合を修正。
Ver1.02 ・無線端末の「TCPクライアントモード」における不具合修正
・ARP不具合を修正
Ver1.01 ・初版リリース